振り返り編 ハラハラドキドキな4人部屋

術後の経過も良好で4人部屋に移ることができました

新しい部屋~
まずは向かいのベットには リンパからバイ菌が入って手術したおばさま
何ともいえないオーラがピリピリと感じられました

看護師さんの対応もピリピリしているし。。。
これは要観察~丁寧な対応をしなければ!!と心がけました

お隣のベットは陽気なおばあちゃん 私と何日も変わらずの手術だったようです 糖尿もあるようでインシュリン接種してました 賑やかだな~と私は微笑ましく思っていましたが、向かいのおばさまは、それが癇に障るようでした

斜め向かいは 品のあるおばさまでした 抗がん剤&放射線治療中のようでした

そんな4人部屋でのデインジャラスな毎日!!

陽気なおばさまのところには毎日ご主人がやってきます
じいじ~ばあば~と仲良しご夫婦
ちょっと心配性のじいじは、ほぼ毎日面会時間前のお昼からやってきて、余計な心配をしちゃってました
ラブラブなご夫婦は帰り際に、ばあばは<じいじ泊まっていく~~?>と、じいじは<また明日来るからな~~>と別れ際に<ばいばい>と手を振ってました

向かいのピリピリ!!おばさまは時間通りに点滴をしないと気が済まないようで、看護師さんがちょっとでも遅れたりするとブチ切れてました
まあ~気持ちはわからないでもないけど、看護師さんも寝ていたおばさまに気を使って起こしちゃ悪いと時間を少しずらしただけだったのに。。。

部屋の中は凍りつきました

私には普通にお話もしてくれて、害はなかったのですが。。。担当医にちょっと話したら、先生や看護師さんの間では<要注意患者さん>だったようでした

しばらくしたら、部屋移動になりました
担当医が言ってくれたようで!看護士さんもうまく理由つけてくれて、すんなりと移動できました

なんでワガママがとおったか!というと、仲良くしていたお友達2人がたて続けに退院してしまったので私が落ちこみモードになっていると思ったからでしょう

新しい4人部屋は平穏な空気でのんびりと過ごせました
術後の経過も良好で退院の日も近づいていました


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

振り返り編 個室から4人部屋へ

体に入っていたチューブがドンドン抜けて身軽になりました(^-^)/


2日間いた個室から4人部屋に移りました~


婦人科フロアはTの字に廊下があり入り口から入るとデイルームがあり~差額なし4人部屋があり向かい側はナースステーション

突き当たりにもうひとつのデイルームがあり左側は差額あり4人部屋~右側に個室があります


私がいた個室は1番奥でした
術前にいた4人部屋は入り口に1番近い部屋

今度の部屋はちょうど真ん中です



今度の部屋はちょっと年齢層がUP!!

向かい側のおば様はちょっと気難しそう(。-_-。)

お隣はおしゃべりな陽気なおばちゃま(=∀=)

斜め向かいは品の良い物静かな感じのマダム(#^.^#)


静かだった個室からデインジャラスな4人部屋へ!!

毎日がハラハラドキドキの入院生活がはじまりました。




ポチッとしてね♪


にほんブログ村


にほんブログ村

振り返り編 ICUから11階病棟の術後回復個室へ

ICUでの2日間が順調に過ぎて~11階の病棟へ戻れました

術後回復個室に入りました
まだ管がお腹から2本~点滴も2本入っているので動きが制限されて窮屈ですが、ドンドン歩いてください!と言われていたので頑張って廊下に出てみました
2016-0228-7.jpg

ガラガラと点滴の棒を引きながらトボトボ歩いて。。。何だか恥ずかしい

順調に回復してチューブも抜けました

2016-0228-8.jpg
汚いお腹の画像UPで失礼しました

チューブが抜けてスッキリ

廊下を歩くのもだいぶ楽になってきて、頑張って歩いていたら以前いた病室の前でばったり同室だったTOMOMIちゃんと再会したりして、早く個室から脱出した願望がわいてきました


ポチッとしてね♪


にほんブログ村


にほんブログ村

振り返り編 手術当日から術後2日(ICU)まで

早いのもで術後2ヶ月が過ぎました
だんだん記憶も薄れてきちゃったので早めに振り返ります

手術日当日
緊張するかな?と思っていましたが意外に普通の朝を迎えました
手術中の待機のため 主人と母が来てくれました

9時半に病棟から2階の手術室へ移動~看護士さんと一緒にテクテク歩いて移動しました
手術室は何だか雑然としていて真ん中に通路があり左右に手術室がズラ~と並んでいました。

オペ室の看護士さんと一緒にオペ室に入り 幅の狭いベットに横になりました
装置を3人の看護士さん&麻酔担当医でチャッチャと付けられ。。。何の前触れもなく麻酔をかけられ意識が飛んでいきました

次に覚えているのはICUのベットからの風景~母と主人が何か言ってましたが、酸素マスク付いてるからうなずくだけしかできませんでした

痛みもなく、眠くなって。。。寝てしまった私
主人と母は帰っていきました。

次に目が覚めたら隣りのベットから<痛い~痛い~!!>と悲痛な声が聞こえてきました
大丈夫なのか・・・看護士さんが<どこが痛いですか?>と聞いていますが、だだ<痛い~痛い~>としか返ってきません

担当医がやってきて <○○さんどこが痛いの!!>と大きな声で聞いたら<肩。。。>と小さな声で返答がありました
担当医<手術中の体勢のせいだから~!>と、看護士さんに<湿布貼っといて~>と言って去っていきました。

その後も<痛い~痛い~>の声はしばらく続きました

次の日、あんなに<痛い!>と言っていた隣りのベットの人は病棟へ戻っていきました

私は痛みもなく~だんだん意識がしっかりしてくるとジッとしているのと景色が壁とカーテンだけなことが苦痛になってきました

ただICUの看護士さんがやさしくって、至れり尽くせりお世話してもらって感謝でした

2日目のお昼過ぎに主人が来たときに 術後はじめてベットから起き上がり廊下まで歩きました
必死でした
歩かないとICUから病棟へ移れない!!と頑張って歩きました。

順調に術後2日が過ぎました


ポチッとしてね♪


にほんブログ村


にほんブログ村

振り返り編 入院2日目

金曜日に入院して仕事のため土・日は外泊~

日曜日の夜8時過ぎに病院に戻りました
同じ部屋のTOMOMIさんも土・日は外泊していたようで。。。2日間この部屋は空き部屋

TOMOMIさんと消灯時間過ぎても話しは尽きず。。。家庭事情や病気の話をしていました

入院2日目 月曜日 手術前日

主治医が外来診察日だったので外来の合間での内診です
副主治医と一緒に病室から外来へいきました

診察後  卵巣を取るか?聞かれました。。。取ることによるメリット・デメリットの説明を受けて、取ることを決めました!

夕方からは主人が呼ばれて 手術前の説明会

主治医・副主治医・担当医の3人が揃って 手術の説明。。。
主治医がマスクして話すから、主人はあまり話しがわからず??(聞き取れず)

ほとんどは臨床に関わる同意書にサインする作業でした

明日は9時半に手術室へ向うため 家族は8時ごろには着てください!と。。。手術中は家族が必ず1人は待機していなくていけないのです

明日は東京から私の母と主人が病院へ来ます

手術前の最後の食事
2016-0228-5.jpg

カップ3個

重湯~だし汁~りんごジュース

だし汁とりんごジュースだけ飲みました

夜は術前の浣腸!! 5分は我慢してください~と言われましたが無理です。。。
以前にした時(24歳の時円錐切除術)は、もっと辛かった記憶があったのですが、今回は思ったより大丈夫でした

手術後は病室が変るので荷物をまとめました
術後は2日間はHCUに入ります

今晩は眠れないかな。。。と思っていましたが、案外、図太いわたしはシッカリ眠りましたzzz

ポチッとしてね♪


にほんブログ村


にほんブログ村
プロフィール

akko

Author:akko
48歳 主婦しながら ドーベルマンのブリーダー・ドッグショーでハンドラー&パート保育士
忙しいけど楽しい毎日を過ごしていましたが!2016年 子宮頸がんになりました。。。
扁平上皮がん Ⅰb1期 準広汎摘出術を2月2日に受けました。

これまで4歳 急性腎炎 24歳 急性B型肝炎・子宮頸がん異型性(円錐切除術)27歳扁桃腺切除。。。40歳過ぎて頭痛の原因がキアリ奇形と診断され。。。東京から茨城県つくば市に引越したのに、なぜか?気管支喘息 45歳でリウマチ発症。。。

これまでのいろんな病気の克服と現在の子宮頸がん術後を頑張る日々を綴っていきたいと思ってます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR